将来に強い宅建は通信講座で学ぼう|叶えるためにするべき事

女の人

管理職のスキルを知る

女の人

管理職の役割にはプロジェクトマネジメント・チームマネジメント・リスクマネジメントがあり、そのスキルを客観的に評価する資格検定試験が実施されています。検定試験は採用や昇進の参考になり、業務効率を向上させる効果も期待できます。

もっと知ろう

通学や通信で勉強可能

アロマセラピー

アロマセラピストになるには体系的に学べる資格講座を受講するとよいでしょう。資格がなくてもできる職業ですが、正しい知識や技術が問われる仕事でもあるため、スクールの利用は必要です。協会によって目指すアロマセラピストに違いがあるため、自身が求めるセラピストになれるスクールを選択しましょう。

もっと知ろう

ペット業界で就職する

動物

ペット関連の資格をサポートするのが、動物の専門スクールです。スクールではトリミングやケア、介護の資格をとるための素養を養います。実習の機会が豊富で、カリキュラムが充実している点が、スクールの人気の秘密です。就業の可能性も高く、実社会でスキルが活かせます。

もっと知ろう

難解な試験の味方

男性

通学は難しい方には

宅建は毎年3万人が受験する人気資格です。正式名称を宅地建物取引士といい、不動産業界では設置義務や独占業務がある為必要な資格です。不動産業界に必要な資格であることから、就職・転職しやすい資格といえます。試験の合格率は平均16%程です。毎年多色化変動はありますが、50問中35点程の得点が必要となります。試験科目は宅建業法以外に民法など複雑な法律問題が出題されます。対策をとらなければ解く事が難しい法律分野ですので、多くの方が予備校を選択しています。その反面、受験する方は社会人が多く、仕事終わりに通ったり、学校が遠方であり通学を断念されている方も多いです。そのような状況の方は通信講座を選択しています。通信講座では時間の制約なく自分ペースで効率のよい学習ができます。独学では誤った知識を得てしまう危険性や、勉強方法が確立しなかったりして、試験に失敗するケースも多くあります。通信講座を受ける事により受験に必要な知識を得てる事ができ、不用な通学時間もなくなり、時間を有効に使えるようになります。

決め手は学習のしやすさ

宅建の通信講座は数多くあり、教材内容はどこも試験に必要な知識をカバーしています。通信講座のメリットは、通学せず通学並の学習ができることですが、身に付かない教材やフォローのない通信講座では独学と同じです。教材だけ送ってきて、質問も受け付けていない場合もあるので、内容を確認するようにしましょう。宅建試験では複雑な法律を勉強しますので、わかりやすいようにDVDなど映像で授業を受けられるような通信講座もあります。反対に映像ではなく、色を多く使って図を豊富に用意して説明している講座もあります。また、学習の中で起こる疑問に、返答してくれるシステムがあるのか、添削返送が早いかという点も決め手になるでしょう。各講座は工夫を凝らしていますが、自分に合うかは個人差あります。人気だったり合格者輩出が多い講座も選択する1つの要因ですが、自分の学習スタイルにあう形を提供しているかが最も重要です。

Copyright© 2015 将来に強い宅建は通信講座で学ぼう|叶えるためにするべき事All Rights Reserved.