管理職のスキルを知る|将来に強い宅建は通信講座で学ぼう|叶えるためにするべき事

将来に強い宅建は通信講座で学ぼう|叶えるためにするべき事

男の人

管理職のスキルを知る

女の人

実践的なノウハウを評価

組織の中で管理職の地位に就くと、末端のメンバーとは異なる役割を期待されることになります。その役割を大きく分けると、プロジェクトマネジメント・チームマネジメント・リスクマネジメントの3種類になります。プロジェクトマネジメントは業務の計画を立案し、遂行を管理し、結果を評価する一連の作業です。チームマネジメントはメンバーの採用や教育、モチベーションの維持などを目的とし、リスクマネジメントはメンタルヘルスやコンプライアンスの確保、クレームへの対応など幅広い内容を含みます。これらの実践的なノウハウが十分に備わっており、管理職として第一線で活躍できるかどうか、客観的に評価する指標のひとつが資格検定試験です。

昇進・昇給の目安にも

マネジメントの資格検定試験は、とりわけIT業界では重視されており、有資格者はプロジェクトマネージャーの採用などで優遇されることが多くなっています。その他の業種でも、上位の管理職への昇進や昇給などに関し、ひとつの目安にされるケースがあります。新たに管理職となった社員には、資格試験を研修の一環として活用することができます。また社内の管理職が標準化された知識を共有することで、意思の疎通をスムーズにし業務効率をアップさせる効果も期待できます。一般的なマネジメント資格には公的な基準はなく、実施する団体によってメリットは異なります。予算や時間的余裕や社内での利用目的に応じて、適切な検定試験を選ぶことが大切です。

Copyright© 2015 将来に強い宅建は通信講座で学ぼう|叶えるためにするべき事All Rights Reserved.